クレンジングの選び方

●メイクを落とすにはクレンジングが不可欠

最近のメイクアップ料は汗や水に強く、昔のメイク用品に比べて格段にメイク崩れしにくくなりました。 そのためメイクを落とすにはクレンジングが不可欠で、洗顔だけでは落とすことができません。

メイクアップ料は油分を多く含んでいるため水には馴染みません。 そこでメイクアップ料を浮かせるための油分と、水に馴染ませるための界面活性剤を配合したクレンジングが必要になります。

界面活性剤は水と油分を混ざりやすくする物質で、乳液を作る際にも使用されます。 質の悪い界面活性剤は肌の潤いを奪ってしまうので、使われている界面活性剤の質と量に注意してクレンジングを選びましょう。

 

●肌にやさしいクレンジング選び 

クリームやジェル、オイルなど色々なタイプのクレンジングがありますが、 肌への刺激が少ないのが洗い流せるクリームタイプやジェルタイプです。

オイルタイプのものは洗浄力が強いものが多く、毎日使うと肌を傷める原因となります。 油分を多く含むオイルタイプはメイクとよく馴染みますが、油分を落とすための界面活性剤も多く含まれています。

「手軽にメイクを落とせる」という観点からシートでふき取るタイプや、 泡タイプでワンステップで落とすクレンジングを好む方も多いですが、このタイプは最も肌への刺激が強いのでお勧めしません。 いずれも手軽にメイクを落とせるように界面活性剤が多く含まれていることがあります。