毛穴が広がる原因

●毛穴自体の大きさは遺伝の影響

毛穴の大きさは男性ホルモンの量で決まるといわれています。
一般的には思春期を迎える頃からホルモンの分泌が活発化し、 男性ホルモンの量に応じて皮脂腺が発育します。
皮脂腺が発育して大きくなれば毛穴が目立ち、発育が悪ければ毛穴が目立たない肌になります。 男性ホルモンの量は遺伝によって決まるので、毛穴自体の大きさはその人が持つ遺伝子によって左右されます。

●毛穴は老化によって広がる

毛穴の大きさは遺伝なので、大きさ自体をスキンケアで変えることは難しいことです。 しかし毛穴本来の大きさは変えられなくても、老化による毛穴の開きはスキンケアによって大きくは変わってきます。
頬などの毛穴の開きは老化による「たるみ」によって現れてきます。 老化によって皮膚の中にあるコラーゲンが減少し、毛穴を支える力が弱くなって毛穴が開いてくるのです。
老化によって起こる毛穴の広がりを防止するには、日々のスキンケアで肌に栄養を十分に与えることが重要。 コラーゲンの減少を防ぐために生活習慣を見直すなど、規則正しい生活を送ることも大切です。

●毛穴の広がりはシワの原因

老化による皮膚のたるみが原因で毛穴が広がっていくと、広がった毛穴同士が連なるようにしてシワが発生します。
目元にできる初期の小ジワなどは肌が潤うことで回復します。 しかし年齢とともに皮膚が弾力を失うとともにシワが深くなっていき、 シワが真皮にまで達するとなかなか戻すことは出来ません。
真皮に出来るシワを防ぐには、早い時期からアンチエイジングに取り組むことが重要です。