除毛・抜毛は毛穴を傷つける

●除毛は肌にダメージを与える

頬や口元に生える産毛やムダ毛が気になり、毛抜きで抜いてしまった経験はありませんか? このように不要な毛を処理することを除毛といいます。

除毛には色々な方法がありますが、無理な除毛は肌トラブルの原因にもなるので慎重に行う必要があります。

では、どんな方法が肌へのダメージが低いのか? どんな方法でも除毛は少なからず肌にダメージを与えてしまうため、 肌に良い除毛法というのはありません。

出来ることなら毛は伸ばしたままにするのが自然であり、 肌へダメージを与えずに済む一番の方法です。 しかしムダ毛処理は美を追求する女性なら必然的に行う行為なので、 トラブルを防ぐためにも慎重に行う必要があります。

●「剃る」より「抜く」方がダメージは大きい

一般的な除毛方法を大きく分けると「剃る」か「抜く」かの2通りに分かれます。 それぞれの方法を比べた場合、毛を抜く方法の方が肌や毛穴にダメージを与えます。

見た目は剃るよりスッキリしますし、より深くから毛を取り除くため剃った場合より生えてきません。 しかし毛を抜くことで肌や毛穴の一部をちぎってしまうため、どうしても肌へのダメージは大きくなります。

毛を抜いたときに痛みとともに出血した経験はありませんか? これは成長途中の毛を毛根部分から引き抜くことによって毛穴内部が傷つくためです。

毛穴には様々な菌が充満しているので、傷ついた部分から菌が侵入してしまいます。 そして炎症を起こし、やがてニキビなどの肌トラブルへと発展するのです。