肌が乾燥するしくみ

●肌の水分量が不足する

人の肌の角質層は通常約30%の水分が含まれていまが、 この水分が奪われて30%以下になると「乾燥肌」になります。
エアコンや天候などの影響で空気が乾き、湿度が下がると角質層から水分が蒸発しやすくなります。 しかし人の身体には水分を守るために保湿成分備わっており、肌が健康な状態ならいくら空気が乾燥しても肌の水分は蒸発しません。 この保湿成分の働きが悪くなることで肌が乾燥するのです。

●肌の水分量は年齢とともに低下する

肌の水分量は生まれたときが最も多く、年齢とともに減っていきます。 そのため年齢を重ねるほど肌が乾きやすい状態になります。
よく勘違いする方がいらっしゃいますが、肌の乾燥はあくまで水分の不足によるもので、油分が不足しているわけではありません。
マナラホットクレンジングゲルには肌の水分をキープする成分がたっぷり含まれており、
面倒なお手入れを行うことなく肌の乾燥防止を行えます。

●乾燥は角質が厚くなる原因に

手や足が乾燥してガサガサになるのと同じように、顔の皮膚も乾燥すると硬くなってしまいます。 これは乾燥して弱くなった肌を守るため、角質層がバリア機能を強化することで起こります。
通常肌のターンオーバーは28日サイクルで行われますが、 肌が乾燥することでサイクルが短くなり、本来は作られるはずの保湿成分が作り出せない悪循環に陥ります。 この状態を克服するにはまず保湿ですが、厚くなりすぎた角質をピーリング効果のある洗顔で取り除くのも有効です。