乾燥肌を防ぐには

乾燥肌の原因は様々な要因があるため一概には言えませんが、
クレンジングが原因になることが多いのも事実です。
マナラホットクレンジングゲルを使っても乾燥が収まらないときは、
以下のようなスキンケアを試してみるといいでしょう。

●保湿成分で肌に潤いを与える

保湿とは「湿気を保つ」ことを意味します。 つまりスキンケアでは肌の水分を維持するようなお手入れ方法を指します。
よく間違われることですが、水そのものを与えることが保湿ではありません。
保水力のあるセラミドなどの保湿成分を与え、肌質を改良することが保湿です。
保湿成分はセラミドやヒアルロン酸など色々な種類がありますが、 化粧水より美容液やクリームに多く含まれています。

●セラミドを与えて乾燥肌を改善

セラミドは肌のターンオーバーとともに作られるもので、 寝不足など生活習慣の乱れによってターンオーバーが低下するとセラミドの量も減ります。
セラミドは食事やサプリメントで補うことが難しい成分です。 そこでセラミドを補う方法として最も手軽なものがセラミド配合の化粧品です。
これを使うことで肌の水分量を増やすことができます。
ただしカサついた肌が痒みを伴う場合はアトピー性皮膚炎の可能性もありますので、
早めに専門医の診断を受けることをお勧めします。

●手軽に保湿できるヒアルロン酸

ヒアルロン酸は肌表面の保湿成分としては非常に優れた成分で、 乾いた空気の中でも肌の水分を逃がしません。
セラミドに比べて安価で手に入ることもポイント。
敏感肌の方でも安心して使えるので、日常的に使用するにはとても良い成分です。
ただしヒアルロン酸はたくさん使うと肌がベタつきます。 これはヒアルロン酸が人の角質内に存在しない成分であるため、
肌表面への馴染みが良くないのです。
それでもヒアルロン酸の水分維持力は一級品なので、
セラミドなど肌に馴染み易い保湿成分と組み合わせて使うことで乾燥肌を改善することができます。